職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 1.計画期間
    平成29年9月1日から平成32年3月31日
  2. 2.内容
    • 目標1:
      看護休暇の30分単位の取得ができる制度を導入する。
      〈対策〉
      就業規則の定めを、回覧にて周知・啓発する。
    • 目標2:
      男性職員の出産時の特別有給休暇、育児介護休業制度を促進し、男性の育児介護休業制度の取得者発生を目指す。
      〈対策〉
      就業規則の定めを、回覧にて周知・啓発する。
    • 目標3:
      育児休業明けの職場復帰しやすい環境を整備する。
      〈対策〉
      残業のない勤務内容への変更など本人からの申請により柔軟に対応する。
    • 目標4:
      介護休業終了後も引き続き介護が必要な場合は、就業規則に準じて原則として最長6ヵ月の休職を認める。
      〈対策〉
      就業規則の定めを、回覧にて周知・啓発する。
    • 目標5:
      求人活動を行い人材確保につとめ、女性の育児休業等取得率向上を図り、有給休暇取得率の向上を目指す。
      〈対策〉
      定期的に求人広告を掲載し、求人活動を行う。